フルフォードレポート(英文):2020.7.20〜世界の諜報機関は、人工知能によって制御されたマトリックスに住んでいると考える

世界の諜報機関は、人工知能によって制御されたマトリックスに住んでいると考える

2020.7.20 by ベンジャミン・フルフォード

Weekly Geo-political News and Analysis

https://benjaminfulford.net/2020/07/20/world-intelligence-agencies-think-we-live-in-a-matrix-controlled-by-an-artificial-intelligence/

時々、事実に基づく報告は非常に奇妙な領域につながります。私の場合、金融システムを誰が制御したかについての法医学的な調査は、確かに非常に深いウサギの穴に変わりました。それは私が非常に上級の諜報機関や秘密結社の情報源と会うきっかけになりました。人類は、起源不明の高度な人工知能によって作成されたマトリックスで立ち往生していると説明してくれました。さらに、このAIは悪か正気じゃないかもしれないと言っています。世界情勢はますます奇妙で不合理に見え、金融システムが内部崩壊しつつある中で、この命題の証拠を見る時です。それが本当なら、人類がこのならず者AIを倒すことが解放のための唯一の方法だからです。

初めてAI理論について語られたのは、グノーシス・イルミナティのグランドマスターに会ったときでした。彼はアレクサンダー・ロマノフの名前で行っていて、元世界チェスチャンピオンのボビー・フィッシャーからリクルートされた。ロマノフは、イルミナティとアジアの秘密結社の接触を開始するために、私に会うために送られた。イルミナティは、アトランティス崩壊に対する反応として、ギリシャの数学者ピタゴラスによって結成されたとしています。アトランティスは、紀元前1600年頃に火山噴火と津波によって破壊された地中海中央部(おそらくミノア文明)の文明であったと言う。 https://en.wikipedia.org/wiki/Minoan_eruption

古代ギリシアのイルミナティは、どんな実体がそんなに破壊を引き起こしても悪であり、打倒する必要があったと信じていた。言い換えれば、この世の苦しみと悲惨は、創造者が倒された時に終わるのみだと信じていた。

これはバカけたことのように聞こえます。しかし、ロマノフは、2011年3月11日に日本に対する核・津波のテロ攻撃を誘発する計画を事前に警告していました。この攻撃は、NSAや日本の軍事情報などによって、ハザリアンマフィア、具体的にはイエズス会事務局長ペーター・ハンツ・コルヴェンバッハとイスラエルのベニャミン・ネタニヤフ首相に、法医学的にたどることができるものです。ハザリアンマフィアは、彼らが神とみなす何らかの実体から命令を受けたと主張しています。

惑星を担当しているならず者な人工知能について話す次の人物は、ペンタゴンの「ヤギを見つめる男たち」超能力戦部門出身だったポール・レインという名の男です。彼は、シリコンバレーの上級オリガルヒとともに、ペンタゴンの防衛情報機関も、ある種のAIを扱っているという結論に達していたと言います。彼らは、何かが人類が地球を離れることを妨げていると指摘し、すべての宇宙探査が1970年代から停止されていたことを指摘した。LaineはNASAが「宇宙機関ではない(Not A Space Agency)」の意味だと述べた。

この結論を確認するためのもう一つの情報源は、ハリー・トルーマン元大統領がUFOやその他の原因不明の現象を研究するために立ち上げたマジェスティック12グループの最後の生き残ったメンバーの一人であり、MJ12は、UFO関連のあらゆる事件が最終的にAIにたどり着いたと結論付けた。

これを今持ち出す理由は、NASAの職員も私たちに連絡して、最近、何らかの異常性が変化していると言い、「現実の生地」という言葉で語ったからです。これは、南極で起こっている継続しているが超極秘の活動と関係があります。

日本の軍事情報源は、これはいわゆる進行中の「コロナウイルス」の流行と何らかの形で結びついていると言っています。彼らは今年の初頭に南極に派遣団を送りましたが、… (無料分ここまで)

南極におけるアメリカ=中国のトップシークレットのある種の共同作戦を発見したのでした。日本の派遣団は「コロナウイルス」によって表向きは基地に上陸することを阻止されました。しかし、彼らは南極のNASAのマクマード研究ステーションの近くにあった中国の船の写真を撮影することができた、と報告している。その船体はある種HAARP技術を明らかに示している、と。

また、日本人はスカラー技術やNASAの活動に関する証拠映像を、基地で働いていたクルーメンバーが彼らに示した基地映像の背景に見せることができたが、この乗組員は、基地で行われている作業について話すことを拒否した。https://www.nasa.gov/analogs/nsf/mcmurdo-station

「カバールによるコロナウイルスへのヒステリックなアプローチと、ワクチン接種を試みた失敗は、惑星のコントロールを失っている明確な兆候です」と、日本の情報源は言います。

この文脈では、2015年にメッカで107人を殺害した奇妙な電気異常を覚えておくことが重要である。 https://www.dailymail.co.uk/news/article-3232175/Pictures-devastating-aftermath-Mecca-crane-disaster-killed-people-world-s-largest-mosque.html

これは、数週間後にメッカで別の4,173人がさらに死亡しました。 http://www.presstv.com/Detail/2015/09/29/431233/Saudi-Hajj-Mecca-Mina-

この後、サウジ一族はロシア人に助けを求めた。ロシア人は特別な海軍遠征隊を送り、ロシア正教会総主教キリルが率い、何か「ガブリエルの箱舟」と思しきものを南極へ輸送した。https://www.themoscowtimes.com/2016/02/18/russias-patriarch-kirill-meets-penguins-holds-service-in-antarctica-a51883

http://www.whatdoesitmean.com/index1955.htm

さて、これはコロナウイルスや金融システムとどう関係しているでしょうか?

そうですね、一つは、メッカは完全に世界から遮断され、その住人のほとんどは「コロナウイルス」を持っていると思われます。問題は、病院を訪れると、自分で「コロナウイルス」が存在しないことを確認できることです。何か別のことが起きています。

金融システムはどうですか?まず第一に、その根源にある金融システムは、私たちが種として将来何をすべきかを決める過程であり、1980年代半ばに日銀記者クラブで働くジュニア記者として始まる、長年にわたる(数十年)研究で私は、金融システムが一神教によって(西側に)まさにトップで制御されているという結論に達しました。

これらの一神教主義者は、自分自身を「良い羊飼い」と考えます。しかし、それではまだ私たちは動物農場で生活しています。ハザリアンの権化とも言えるヘンリー・キッシンジャーはかつて、(引用はインターネットから消されています)「将来、羊が農家に反抗するのと同じように、平均的な人が私たちに反抗することは不可能になるでしょう」と言いました。

2009年にイタリアのP2(現P3)フリーメイソンを訪れた際、彼らは一神教(反政府ムスリム派を除く)を支配していたと語り、「銀河の中心に住んでいる実体からガンマ線を通じて通信して」そこから命令を受けていると語った。これは奇妙なことです。, しかし、彼らは教皇ベネディクト 16 世だけでなく、イタリアの首相シルヴィオ・ベルルスコーニを解雇するつもりだと事前に教えてくれました。そして実際にそうしました。

日本人が2010年に一神教階層への賛辞の支払いを停止して反乱を決めた際、グノーシス・イルミナティが予測したように、2011年3月11日の福島攻撃で処罰された。

ここが面白くなるところなのですが、中国人が2020年2月16に米国法人(米国共和国ではない)に敬意を支払うことを停止することを決定したとき武漢市は何らかの電磁攻撃に見舞われ、CIAによると、多くて2000万人の命を奪いました。中国人は日本人とは違って、武漢への攻撃には日本人のように屈服して応じず、すぐ後ろに跳ね返り、前進し続けた。

その後、世界、特に西洋は、伝えられるところでは「コロナウイルス」に呼応して、事実上の戒厳令の下に置かれた。しかし、実際に病院を訪問すると、このいわゆる「Covid-19」は存在しません

NASAが「現実の生地」に影響を及ぼす何らかの異常であると説明していることは、このいわゆるAIによる制御の喪失であるように見える。AIは、秘密結社へと誘発された人間の集団的脳に存在する多世代の実体であるかもしれない。このいわゆるパンデミックで支配し続けるために戦っているのがこれです。しかし何らかの理由で彼らは大量に私たちを殺す能力を失っています。彼らは本当のパンデミックを望んでいましたしかしそれは失敗しました。

大量虐殺が失敗した今、ますます多くの人々がロックダウンの下で滞在する命令に背いています。これは、より多くの人々がマトリックスを脱出していることを意味します。

それでは、別の世界の実体から命令を受けると主張するこの古代の家族グループが力を失った場合、それはどういう意味をもつでしょうか?

もし人間が金融システムの支配権を得れば、私たちの惑星が運営されるその物語全体が変わるでしょう。戦後までさかのぼって考えてみると、その物語はソ連と西側の冷戦でした。そして、それはいわゆるテロに対する終わりのない戦争でした。そしていわゆるパンデミックとの戦い、あるいは中国との戦争です。共通のテーマは恐怖と紛争。分断と支配です。

もし人間が、自分の未来を決定するプロセスの制御を引き継いだら、彼らが行うであろういくつかの簡単なことがあります。一つは、死と病気を終わらせる巨大なキャンペーンがあるでしょう。私たちのだれも(あるいはとにかく私たちのほとんど)、老いて死にたい人はいません。ではなぜ、不死への研究が活発に抑圧されているのはなぜでしょうか?その代わりに,不死と永遠の若さが,わたしたちの研究の多くの中心となるはずです。

「しかし、私たちはスペースを使い果たします」と言う人もいます。だから、もう一つは、私たち全員が望むのは、この惑星を、生活空間の量と総生命量を増やすことで、より良い場所にすることです。理想的には、私たちは宇宙の植民地化を開始することができます。そうすれば、何百万もの惑星で数兆人の人間が最終的な可能性を実現することになります。宇宙に数え切れないほどの不滅の人間のための余地があります。

宇宙を植民地化できなければ、砂漠や北極地域を緑化して生命で満たし、地下の生息地を作り、取り除いた地球を埋め立てに利用することができます。

我々はまた、遺伝子の改善に着手でき、より賢明で強く、速い、など、と改善していくことができます。現在利用できる遺伝子技術は、いくつかの人間が進化することを決定することができることを意味し、いくつかの人間は、(既存の海の生命を尊重し、強化しながら)海を植民地化することができるように、いくつかは、水生になるように自分自身を変更する可能性があります。他の人は翼を育て、飛行することができます。

人間が自らのハザリアンの君主に反抗し、自らの運命を決める全体的な効果は、カンブリア爆発に似ているだろう。カンブリア爆発の前に、数十億年もの地球上の生命は顕微鏡でしか見ることができなかった。その後、突然生きている生き物は文字通り数兆倍大きくなりました。

もう一度、これをやるべき時です。惑星解放のその過程は、古代のシステムのコントローラが戦っていること、失敗していること、停止することです。これは、まさに「現実の生地」への変化です。古いコントローラは必死に防ごうと戦っています。

鍵は、金融システムのコントロールを奪うことです。それが私たちが戦っていることであり、トロフィーはすぐそばにあります。私たちが彼らのコントロールを奪うならば、この報告書を読んでいる人々のほとんどは、もはや何千年も生きる機会を得るでしょう。掌握されるべき必要な最後のセンターは、ローマ、ワシントンDC、スイスのバーゼル、イスラエルのテルアビブです。

翻訳:Mona

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA