フルフォードレポート【英語版】2021年1月4日

悪魔党が最後の戦いをするようにDCの集会所での対決
2021.1.4 ベンジャミン・フルフォード ~Weekly Geo-Political News and Analysis

https://benjaminfulford.net/2021/01/04/showdown-at-the-dc-corral-as-the-demonrats-make-their-last-stand/

来週は、1月6日にワシントンDCで対立勢力の対決が行われるため、歴史的な一週間になると予想されています。 その結果は、ドナルド・トランプ氏が偉大な英雄の一人として歴史の中に自分の居場所を見つけることで、立憲共和国の存続を決定することになります。 また、最終的にトランプ氏がアメリカ合衆国会社最後の大統領となる終盤戦の幕開けを告げることになるかもしれません。

現在の非常事態の中でトランプ氏に与えられた追加の権限は、複数の「トランプカード」を使って、密かに米国の支配権を掌握した22万人ほどの悪魔崇拝者を一網打尽にすることを可能にします。彼らはFEMAのようなキャンプに収容されニュールンベルグ裁判のような戦争犯罪裁判が始まるでしょう。トランプ氏は人類の解放者として知られるようになるでしょう。

アヤトラ・カメイニはトランプ氏が殺されると公言していますが、イギリスの諜報機関とリンクしているこのウェブサイトは、次のような写真を公開しています:

2021年というキャプションとともに、有名な死者に囲まれたトランプ氏の姿が映し出されています。 この人たちは何か内部情報を持っているのだろうか? 写真が暗示しているように-彼がJFK Jr.やダイアナ妃のように事故で殺されるとしたら、そのような処刑は間違いなく血の海と騒乱を招くことになるだろう。 いずれにしても、国防総省の情報筋によると、トランプ氏が殺された場合、あるいは議会と上院がジョー・バイデン氏の不正選挙を支持するように投票した場合、「国民は政治家や裁判官だけでなく、企業幹部、ワクチン推進者、ロックダウン推進者なども殺し始めるだろう」とのことだ。 軍内部の状況は、大佐と非士官が、将軍達が明らかな選挙の盗用に従えば、自分達の手で行動を起こす準備ができているようなものです。 NSAの情報筋の中には、我々は現実の二分化に対処していると考えている者もいる。 これは、世界の異なるビジョンのメタファーかもしれないし、現実かもしれない。 2020年を振り返ってみると、世界的な偽パンデミックの結果として、トランプ氏がいかにディープステートによって窮地に追い込まれたかを見ることができます。 彼らは、中央銀行の不換紙幣システムの金融リセットに備えて、経済を停止させることを計画していました。 対抗策として-ヒドロキシクロロキンのような予防薬の使用のための最初の提案がディープステートのアクターによって阻止された後-、彼は、国民の恐怖を取り除き、経済を完全に再開できるようにするために、ワクチンの早期リリースを強く推し進めてきた。 米国の農場には、有害な内容を知らずにワクチンを信じるように生涯にわたってプログラムされた多くのシープルたちが住んでいます。 十分な安全性試験が行われていなくても、彼らは、予測不可能な方法で彼らのDNAを変化させる「獣の印」IDワクチンの入れ墨のために並ぶでしょう。 選挙の年に限られた選択肢を考えると、トランプ氏はおそらく、人々を心理的に不具にしている恐怖を取り除いている間、別の4年間権力にとどまるために十分な国民の支持のために、そして国の経済のために、ワクチンが必要な悪であることに気がついたのではないでしょうか。 彼は、人々が仕事に復帰し、企業が再開できるようにするためのトレードオフと、負債と絶望が自殺や社会不安につながり、最終的にはより大きな命の損失につながると考えているのかもしれない。 ディープステートは、おそらく、トランプ氏が彼らのパンデミックロックダウン経済崩壊戦略に対抗するために、こんなに早くワクチンを出すことができるとは予想していなかっただろう、彼は脱線し、中東の和平協定の主要な戦争の努力と締結を欠いている。 今、彼は、ワクチンが配達された時でさえ、ワクチンを配布するために彼らの行為を一緒に得ることができない無能な国家政治家を暴露しています。 これは、NYのクオモのようなサイコパスに要求されて使われなかった人工呼吸器の生産でも明らかになった。 トランプ氏は、自身のツイートで明らかなように、悪魔のようなワクチン推進派のネットワーク全体を洗い出して排除するために、ワクチンを配布することで5次元チェスをしているのかもしれません。 「連邦政府は州にワクチンを配布した。 今、それは州が管理することになっている。 進め!… 一部の州では、連邦政府によるワクチンの大規模な配布が成功したにもかかわらず、受信者への接種に非常に時間がかかっています。 彼らはそれを成し遂げるだろう!」 同時に、トランプ氏は詐欺を暴露しています。どんな死も、どんなに無関係であっても、コヴィドの数字を膨らませ、入院料13000ドル、人工呼吸器の使用料39000ドルという巨額の支払いを集めるために使われています。 「疑わしい時はコビッドと呼べ、フェイクニュース!」 P3フリーメイソンは、ロシア人が提供した写真を送ってきました。彼らは、ファイザー社のワクチンのマイクロチップの写真だと主張しています。

ロシア連邦保安局の情報源は確認のために連絡を取った時 マイクロチップは…

「エレキギターのエフェクターに使うもの」 「それを見て大笑いした」

しかし、1950年代にさかのぼって発見されたのは事実です。つまり、脳の特定の部分に小さな電気パルスを送ると、極度の快感や痛み、吐き気などを 引き起こす可能性があります。 また、米国の囚人などの脳にマイクロチップを埋め込む実験が何十年も前から行われていたという証拠も豊富にあります。 痛みや快楽などの感情を引き起こす遠隔操作ができるようにすることが目的だった。 現在では、マイクロRFIDチップを使って、人にそのような効果を引き起こすことができるものがあります。

これはちょっと遠いことだと思う人は、あるリチャード・A・ロスチャイルド氏が登録した特許を見てみましょう。 この特許では、「ネットワークデバイスは…個人の生体情報を通信するように構成されており…個人の少なくとも1つの状態を決定する」ことができ、それを使って「特定の行動を実行する」ことができます。 これは、注入可能なRFIDチップで可能になります。 https://patents.justia.com/inventor/richard-a-rothschild

https://nl.espacenet.com/publicationDetails/biblio?II=0&ND=3&adjacent=true&locale=nl_NL&FT=D&date=20200903&CC=U.S.&NR=2020279585A1&KC=A1#

それにもかかわらず、あまりにも多くの誤報が出回っているので、このライターがやることは、顕微鏡を買ってワクチンのサンプルを手に入れ、マイクロチップが入っているかどうかを個人的にチェックすることです。 これができましたら、読者の皆様にご報告いたします。

いずれにしても、コビド19ワクチンを中心とした権力闘争は、アメリカだけでなく、ロシア、日本、その他の国でも非常に現実的なものである。

ロシアでは先週、特殊部隊が修道院を攻撃し、コビド関連の闘争でセルゲイ神父として知られる著名な修道士を逮捕した。 https://apnews.com/article/riots-arrests-moscow-coronavirus-pandemic-russia-cb61a26ff3824d2512ce8fb155b66de3

https://abcnews.go.com/International/wireStory/coronavirus-denying-russian-monk-detained-police-74948263

ロシア連邦保安局(FSB)の情報筋によると セルゲイ氏との問題は「夏にコロナウイルスの存在を 否定したことから始まった」とのことです。セルゲイは「悪魔の陰謀」の一環として教会や修道院を閉鎖する政府の命令を非難し、「教会や修道院を閉鎖する者は誰でも呪われるだろう」と述べました。

しかし、FSBの情報筋によると、セルゲイはまた、修道女の焼身自殺を奨励し、彼の修道院では、子供の殴打が行われていました。 「基本的に彼は宗派を作り、彼の信奉者はもちろん、彼を聖人だと思っている 」とFSBの情報筋は結論づけている。 他のロシアの情報筋によると、彼の逮捕を命じたのはハザリアン悪魔教団チャバード教団であり、現ロシア政権に対する革命の火付け役になるだろうという。

一方、日本では先週、ワクチンとコビドをめぐる争いの結果、野党の立憲民主党のHata雄一郎参議院議員の幹事長が殺害された。 当初の報道では何度も刺されたとされていましたが、現在ではネット上ではこの話はスクラブされており、「コビド19で死亡 」としか書かれていません。

日本の軍事情報筋によると、Hata氏が殺害されたのは、長野県上田町のワクチン製造施設を調査していたからだという。 Hata氏はそこでの児童売買ネットワークも調査していたとのことです。 特殊部隊はこの事件に関連して、タレント事務所「アミューズ」の三浦春菜を追っている。 また、この事件に関連して、菅義偉首相が処刑される可能性も出てきたという。

アジアのあるWDSの情報源によると:

「ジャック・マーは中国軍当局によって追い出されました。 彼は11月以来姿を見せていない。 彼は共産党政府の2021年以降の財政アジェンダを批判していたため、脅威と見られていた。」https://www.msn.com/en-us/money/news/where-is-jack-ma-alibabas-billionaire-founder-is-reportedly-missing-following-chinas-crackdowns-on-his-companies/ar-BB1crWLm

これは、トランプ氏と愛国者が中国によるアメリカの乗っ取りに対抗するための対策を練っているのかもしれません。

バチカンでは、コビドとワクチンに関連した陰謀もあります。 フランシスコ法王が数週間姿を消し、ホログラムだけが見えていたのを覚えていますか? そして突然、新しいフランシスコ法王が現れ、コビドワクチンを強く推し進めています。

しかし、フランシスコ法王は、2020年12月31日のサンピエトロ大聖堂での年末のヴェスパスパーとテ・デウムの厳粛な聖歌斉唱、そして2021年1月1日の聖母マリアの厳粛祭のための聖ミサには姿を見せなかった。

これは、カトリックの階層は、彼がコンピュータグラフィックスに置き換えられたことを理解しており、すぐに新しい法王を選ぶことになるだろうとP3フリーメーソンの情報源は述べています。

カトリック教会はまた、莫大な金額が、キリスト教や教会に関係のない人々によって自分達の名前で送られていたことを把握しています。 例えば、このニュース記事は、バチカンが知らなかったバチカン銀行からオーストラリアに送られた18億ドルについて語っています。

これは聖教座全体の年間予算約3億30000万ユーロの約4倍の金額だという。”ある教会関係者は「まるでサイエンスフィクションのようだ」と指摘している。” https://www.reuters.com/article/us-vatican-australia/vatican-denies-knowledge-of-1-8-billion-transferred-to-australia-idUSKBN2950T6?utm_source=reddit.com

SFといえば、スイスの「オクタゴン信託」と結びついた問題の出所をさらに確認した。 これらはP3が人類を支配する「異星人」と表現しているものだ。

ドイツの情報筋によると、元々の「オクタゴン信託」は、第二次世界大戦後のスイスで、ナチスが戦後のナチス軍機の再建資金を調達するために設立したものだという。 この資金は、ドイツの軍事情報機関であるアプヴェア(Abwehr)のチーフであるヴィルヘルム・カナリス提督に流れていた。 複数の情報筋によると、アドルフ・ヒトラーが1957年にアルゼンチンで交通事故で死亡した後、カナリスは1957年に総統に就任した。 カナリス氏の後任はジョージ・ブッシュ・シニア氏で、ブッシュ氏はアンゲラ・ヒトラー氏(メルケル氏)に引き継がれたと情報筋は述べている。

これらは、人類を奴隷化するために進行中のコビドとワクチンの陰謀の最終的な背後にいる人々です。 彼らの目標は、人類をスーパーレース(彼ら)と彼らの奴隷(私たち)に分割することです。 ワクチンにRFIDチップが含まれていて、人間の脳や神経系の快楽や痛みなどの経路を遠隔操作できるようになっていれば、人類を支配者と奴隷に分割することが現実のものとなるでしょう。

覚えておいてください、任意の本当の医者は、あなたにCovid-19が存在しないことを教えてくれます。 CDCとイギリスのMHRA(Medicines and Healthcare products Regulatory Agency)でさえ、コビッドのサンプルを持っていないことを認めています。 では、なぜ彼らは私たち全員にワクチンを接種しようとしているのでしょうか?

世界中の大胆不敵な医師たちが声を上げている。 Heinrich Fiechtner博士は最近、「キラーワクチン接種」についてドイツ政府を非難した。

12月の初め、ロベルト・ペトレラ博士は勇敢にも、コビド19はコントロールと人口減少のためにあると国民に警告した。https://theresistance.video/watch?id=5fd11dee36e1a46b3ed9b7bc

それと同時に、パンデミック詐欺のMSMヒーローたちが次々と自分たちの正体を暴露している。 ファウシは、間違った腕の痛みについて議論することで、本当はワクチンを受けていなかったことを明らかにした。

これが、コビドのロックダウンとワクチンの義務化のための法案を推進する者を組織的に追い詰め、殺す必要がある理由です。 新しいコビッド21のアジェンダのタイムラインは、カナダとフランスの愛国的な政治家達によってリークされましたが、夏までに、新しい制限を課すために、大規模な世界的なロックダウンが計画されていることを示しています。 新しい「コロナ変異種」は、米国では閉鎖がなく、ビジネスが通常に戻りつつある場所で偶然にも出現している-次のラウンドが始まっており、我々は戦い続けなければならず、決して降伏しないことを示している。

最後に、トランプ氏は、情報機関にUFOについての真実を明らかにするために180日間の猶予を与える法案に署名しました。 これは、宇宙探査と他の惑星の植民地化の新時代を告げる、より広い国民の意識への第一歩かもしれない。 https://www.collective-evolution.com/2020/12/30/president-trump-signs-bill-giving-intelligence-agencies-180-days-to-reveal-the-truth-about-ufos/

訳:MonaD(Monaden改め)