フルフォードレポート(英文):2020/6/1 シオニストパンデミック+暴動計画が彼らのメンツを吹き飛ばす

シオニストパンデミック+暴動計画が彼らのメンツを吹き飛ばす

By Benjamin Fulford Weekly Reports  160 Comments

悪魔シオニストが数十億人を殺すために策定した長期計画は、暴動や偽のパンデミックの失敗に続いて、彼らのメンツを吹き飛ばしている。今、世界の軍隊と諜報部隊は、政府の公式声明を含む複数の情報源によると、積極的に彼らを追い詰めてきている。

「暴動に関連してアンティファや他の同様のグループによって扇動され、実施された暴力は国内テロであり、それに応じて扱われる」と米国司法長官のウィリアム・バーは言います。https://www.justice.gov/opa/pr/attorney-general-william-p-barrs-statement-riots-and-domestic-terrorism

ドナルド・トランプ米大統領はこうツイートしました。「その中には、軍隊の無制限のパワーと多くの逮捕も含まれています

フォレンジック調査は、香港での暴動だけでなく、米国での暴動は、必死に米国と中国の間で第三次世界大戦を開始しようとしている同じ悪魔主義者によって賄われていることを示し、アジアの秘密結社の情報源によると、台湾に拠点を置く暴力団は、シオニストからの仕事を下請けし、これらの暴動をカナダのバンクーバーのサタンのシナゴーグや香港の暴力団が扱うヘロインを通じて財政支援されている。

敗北を察知し、カバール(カー(精神)バラー(バアル神の) =セット=サタン)の高レベルなインサイダーは、ロックフェラー家の反体制的なメンバーによって私たちに送られた以下の情報からわかるように、今、救済されています。

「衝撃的な会議は、2009年にロックフェラー大学の学長のニューヨークの自宅で、ビル・ゲイツとデビッド・ロックフェラーによって組織されました。億万長者のこの会議の他のゲストは:ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロス、テッド・ターナー、オプラ・ウィンフリー。彼らの誰も、この会議の明文化された目的に反対を表明しませんでした。それは、第三世界では大規模な中絶を行うこと、第一世界では、世界人口を70億から10億に減らすために、大規模な優生学手法(電子戦、化学戦、生物戦)を行うこと、その結果には参加者の寿命をはるかに超えるが、世界の「遺産」であることを意味する努力として示されること。その過程で死ななければならない人は誰でも、彼らの懸念材料ではなかったのです。」

いずれにせよ、放火犯が誤って火を放つことがあったように、今回扇動される暴動はカバールに逆火を仕掛けています。ペンタゴン情報筋は述べます:

「LAでの暴動者はユダヤ人地区を標的にし、ユダヤ人店を略奪し、AIPACは2021年3月の会議を9ヶ月早く中止せざるを得ないため、『ファック・イスラエル』、『自由パレスチナ』とシナゴーグにスプレーします。」

これらの暴動者が理解する必要があるのは、サタンのシナゴーグはユダヤ人ではなく、むしろ注意そらしとしてユダヤ人を使用することです。ちょうど闘牛のマタドールの布のようなものです。ユダヤ人は今爆発している悪魔シオニストのプロット(筋書き)の主な犠牲者であったことを覚えておいてください。

それを念頭に置いて、我々はペンタゴンの情報源によると、洗脳されたヨーロッパ人のイスラエルの植民地は、次のように深刻な問題を抱えていると報告しています:

「EUは、メルケルがG7サミットのボイコットを導き、シオニストの裏切り者ハンガリーとオーストリアがヨーロッパをグレートに・ふたたび(MEGA)するため、反イスラエル制裁を課す準備を整えています。

情報源はまた、次のように言います:

「EUの制裁はG20からの制裁や国連制裁にもつながるかもしれないので、トランプは後ろから導くかもしれないが、737のマックスの根拠のように、トランプはEUの後でしか行っていなかった… ということで、だから、イスラエルが法律を超える時代は終わった。」

東欧の傀儡共産主義政府は、ソ連が彼らをバックアップするつもりはないことに気づいた直後に崩壊したことを覚えておいてください。このため、米国の支援なしに、イスラエルは、そのジェノサイド、迷信、メシアニックな行動を止めるしかないでしょう。

イギリスのMI6諜報部による報告では、

状況は「非常にハイエンドで戦時外交と極度に敏感なことへ繋がる。…(無料分ここまで)

文明の歴史の中で、東と西の軸が最も破砕状態にあり、我々の分析は、さらなる悪化が熱核戦争をもたらすことを示唆しています。ホワイトハットとゴールデン・ドラゴン・ファミリーの努力に注力しているのはそうした理由からで、彼らの提案 [無制限の資金調達] と私たちの技術 [量子金融システム] に合わせていきます。」とのことです。

MI6は、ゴールデン・ドラゴン・ファミリー、ヨーロッパの血統、グノーシス・イルミナティの間で起こっているハイレベルなコンタクト(連絡の取り合い;接触)を指しており、地球のための事実上無制限の資金提供の解除に向けた調整について述べているのです。「我々は、インテルの共有と秘密の外交協力が非常に励みであることを見出しています。これは、あなたが知っているように、歴史を変えるものです」と MI6 のソースは言います。

上級MI6ソースは、女王について何が起こっているのかについてのいくつかの情報を提供しました

「フェイク・ニュースの話が浮上しており、一部の支持者は自分の出向サイトにおいてでさえ表面化している… それは疑いと不信の火をたくことになる。バッキンガム宮殿の正門で荒らしの事件があった。軍章(シール)の1つが損傷し、修復のために撤去された。ストーリーの終わりです。

女王はエディンバラ公爵とウィンザー城に残り、平和と静かな空間を両立させながら、合意された治療を受けない中で病気も大きく残ります。

女王は直近の議会開会時に民間の服を着たのは、経済的で便利だったからである。出来事は、女王陛下の日記にある他の出来事と一致する。ストーリーの終わり。

どんなゴシップにも真実も根拠もありません。女王は女王であり、それはそれです。私は彼女とサー・アレックス・ヤンガーと毎日連絡を取り合っています。ご存知のように、私たちは非常に危険な状況で、何十億もの人々の利益のために非常に懸命に働いています。私は自分の役割の分を支払われることさえ個人的にありません。私はこれが問題を明確にすることを願っています。」

以下の写真が証拠として送付されました。

「これは修復中の門ですが、フェイクニュースでは庶民の偽封や偽物などを加えてフォトショップ加工しました。」

 

また、香港に関する限り、MI6は次のように述べています。

「私たちは中国を離れ、香港の混乱を淘汰し、私たちの間で合意した一国二制度の遺産が国際法で拘束されていることを思い出させるだけです。他者によりいずこかで創出された論争には引きずり込まれません。」

さて、米国の暴動に戻りましょう。彼らについて最も興味深いのは、ジョージ・フロイドのような危機俳優がリアルタイムで明らかになっている方法です。これは広範囲に他のサイトでカバーされているので、我々はちょうど写真を投稿します。一つはジム・ストーン・フリーランスから、もう一方はWe are Changeから。

 

 

 

またここでも暴動の資金調達の行為に巻き込まれたシオニスト捜査官の映像があります  https://www.bitchute.com/video/PiBS52P7Rds0/

軍事機関や諜報機関がこれらの犯罪者に対峙する上で覚えておく必要があるのは、彼らは文字通り何世紀にも遡る長期計画に従って働いているということです。そのために、予測不可能な、今の、持続的な攻撃は、彼らを永久に打ち負かすのに不可欠です。答えは、いつものように、お金を追うことです。これは、フォーチュン500企業を所有している財団を襲撃し、これらの財団の所有者を逮捕することを意味します。もちろん、これにはソロスの人々、ロスチャイルドたち、その他の通常の容疑者が含まれます。

ここ日本では、日本の内閣府と東京政府に、COVID 19ウイルスが存在しているかどうか私たちは電話で尋ねましたが、法医学調査の結果、「COVID 19陽性」の検査結果はすべてヘッジファンドKKRが融資した詐欺検査施設から得られたということでした。KKRへのメッセージ:あなた達には、48時間以内に、追い詰めて殺されるまでに日本から脱出できる時間があります。 https://www.kkr.com/businesses/private-equity

日本政府は、COVID-19は存在しないと結論付けています。それでもこれが信じがたい場合は、2020年の肺炎による死亡の急降下を示す下表を見てください。統計では、肺炎による死亡の減少は、いわゆるCOVID-19死亡率とほぼ同等であることが示されています。日本は6月1日付けで詐欺デミックの対応を取りやめました。残った世界はこれに続くべき。

 

しかし、日本人は5Gの低レベルマイクロ波ビームを用いた電磁波攻撃は、特に中国の武漢で大きな被害をもたらしたと結論付けています。あなたの電子レンジの解凍設定よりもはるかに弱いものを想像してください、それが24時間行われていると、想像してください。これが様相です。日本政府は、すべての独立行政法人や政令指定法人に対し、電気通信機器を購入する際にセキュリティリスクを考慮するよう求めている理由です。再びですが、他の国々はメモをとってください。

全体的に、明らかになっている筋書きは、少なくとも1975年にさかのぼり、人口を減らすためにパンデミックを使用することを含むのです。また、デジタルウォレットと5Gマインドコントロールに接続されるマイクロチップで生存者の予防接種を強制する口実にもなる予定でした。これがカバルが強要し用としていた完全奴隷体制です。クレイジーに聞こえますが事実確認がこれを事実だと確認させてくれます。以下のリンクから始めて、ジャレッド・クシュナーと彼の5番街666の「ルーセント・テクノロジー」ヒューマン・マイクロチッピング・プロジェクトを見てみてください https://www.msn.com/en-us/news/us/in-a-pandemic-no-one-wants-to-touch-it-why-cash-has-become-the-new-typhoid-mary/ar-BB14JKPr

https://en.wikipedia.org/wiki/666_Fifth_Avenue

今週の最終ノートでは、SpaceXは先週爆発的な失敗だけでなく、国際宇宙ステーションへの宇宙飛行士の打ち上げに成功したことに注意してください。 https://twitter.com/bubbaprog/status/1266451354861686784

私たちは秘教的な情報源から、人間は低宇宙軌道に入ることは許されるが、惑星外は許されない。惑星表面の危機が解決した時のみ惑星外は許される。と言われました。これは貧困を終わらせて、環境破壊を止め、世界平和を達成することを意味します。これは、人類が適切な意志を持ってすれば数ヶ月以内に達成できることであり、ゴールデン・ドラゴン・ファミリーと西洋列強との交渉がとても重要である理由です。

いつものように、私たちはセキュリティ上の理由から報告できないことがたくさん起こっていますが、安心してください、良い人たちは勝っています。

https://benjaminfulford.net/2020/06/01/zionist-pandemic-plus-riots-plan-blows-up-in-their-faces/

 

 

翻訳:Mona

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA